HOME オゾンとは お知らせ イベント 協会案内 お問い合わせ リンク
 
オゾンとは
私たちが生活している空気中には必ず酸素があります。
酸素は2つの酸素原子からできた分子(O2)ですが、オゾンは3つの酸素原子からなる分子(O3)です。
オゾンは比較的古く、1840年ドイツの化学者シェーンバインにより発見されました。その名前はギリシャ語の「におうもの(Ozein」に由来するといわれ、名前のとおり独特な刺激臭に特徴があります。
オゾンは、雷の放電や太陽の紫外線などによって生成され、空気中にも微量ですが存在します。
オゾンの特徴は強い酸化力を持つことで、工業的には無声放電、電解、沿面放電、紫外線照射等の方法で濃度の高いオゾンを発生させます。その優れた酸化力を利用して、水や空気の浄化・殺菌、脱色、有機物除去等広い分野にわたり私たちの生活や環境の保護に役立っています。
オゾンと光化学オキシダントの違いについて
連絡先:東京都中央区日本橋富沢町10番10号 日本橋インテリジェントフラッツ301 日本オゾン協会事務局
電話:03(6661)1622 FAX:03(6661)1623 Eメールアドレス:joa@mwd.biglobe.ne.jp